顔のくすみには、結局ビタミンCなの?

顔のくすみを取るには、結局は何がいいのでしょうか?ビタミンCがいいとは聞くけど本当?顔のくすみとビタミンCの関係に迫ります。

顔のくすみについて

ビタミンCの摂取量は?守らないとどうなる?

更新日:

ビタミンCの摂取量

ビタミンCを含んでいる食べ物も多いですよね。

なにげに体内に取り入れているからこそ「ビタミンCの摂取量に上限があるの?」という点が気になるところです。

ビタミンCの摂取量は、何が何でも守らなければいけないのでしょうか?
また、摂取量を守らないと何か副作用のような症状が起こりうるのでしょうか?

ここでは、ビタミンCの摂取量についてご紹介していきたいと思います。

ビタミンCの摂取量は人それぞれ

実は、ビタミンCの摂取量というのは人それぞれなのです。

それは、当たり前ですよね。
年齢も性別も違うのですから、個人差がありあます。

しかし、平均的な基準値があります、

・15歳以上の人→85~100mg
・妊婦の場合→+10mg
・授乳中の場合→+40~45mg

となっています。

基本的には、上記の摂取量を目安に体内に取り入れておけばOKです。

ビタミンCは摂取しすぎるとどうなるの?

ビタミンCは、飲み過ぎると、お腹が緩くなってしまいます。
ただし、だからといってビタミンCを摂らなすぎるのもいけません。

大切なのは、お腹を緩ませずにビタミンCを有効活用できる限界値を知るということなのです。

ビタミンCとは、常に体内から減り続けます。
そのため、上手にビタミンCを摂取する必要があるのです。

ただ、以下のような症状が出ている場合はビタミンCのとり方に気を付けた方がよさそうです。

・風邪をひいているとき
・インフルエンザにかかっているとき
・アレルギー症状が出ているとき
・ストレスを感じているとき
・身体が疲労しているとき

こういったときは、いつも以上にビタミンCが体内から減っていくのです。
つまり、自分の体調に合わせて、ビタミンCの適量を体外から摂取する必要があるということなのです。

では、どのように限界値はわかるのでしょうか。

こればかりは、正直摂取してみないと分からないところです。

だからこそ、先ほどの目安量を摂取してみるのが一番とも言えます。
また、お腹が緩くなるのが怖いという方もいらっしゃるかと思いますが、ビタミンCの過剰摂取で起こる下痢は痛くはないそうです。

しかし、適度な摂取量で続ければお通じが良くなるといった作用があるようです。
また、お肌も艶つやになるようですので、ビタミンCの効果は確かに感じることはできるのではないでしょうか?

◎まとめ◎
ビタミンCの摂取量は目安はあっても、原則決まってはいません。
ただし、摂取しすぎるとお腹が緩くなってしまいますし、取らなさすぎるとそれもいけないということが分かりました。

バランスよく摂取するということが一番大切であり、一番難しいことであるということにもなります。

現在は、パウダーで飲むタイプのものもありますし、サプリメントももちろんあります。

食材でもビタミンCを摂取できるものはたくさんありますので、ぜひ積極的にビタミンCを体外からも摂取してみてはいかがでしょうか?

ビタミンCは外側からも内側からもアプローチが出来るので、健康にも美容にもいいですよ!

-顔のくすみについて

Copyright© 顔のくすみには、結局ビタミンCなの? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.