顔のくすみには、結局ビタミンCなの?

顔のくすみを取るには、結局は何がいいのでしょうか?ビタミンCがいいとは聞くけど本当?顔のくすみとビタミンCの関係に迫ります。

ビタミンCについて

ビタミンCパウダーの使い方では、化粧水がおすすめ!

更新日:

ビタミンCパウダーの使い方

あなたは、ビタミンCパウダーをご存知でしょうか?
ビタミンCパウダーといっても2種類あります。

飲む方と、化粧水を作る方に分かれます。

今回は、化粧品に利用するビタミンCパウダーを紹介していきます。

ビタミンCパウダーを使用して、化粧水を作る方法。
その効果、注意点などをご紹介していき

ビタミンCパウダーの化粧水の作り方とは?

一般的に販売されているビタミンCパウダーというのは、主に水溶性ビタミンC誘導体をパウダー状にしたものになります。

効果としては、美白効果、ニキビや吹き出物の予防、シワやたるみといったエイジングケアと幅広く活躍します。

実は、この水溶性ビタミンC誘導体パウダーが簡単に化粧水になるのです。
では、どのように作ればいいのでしょうか?

材料は、以下の通りです。
・ビタミンCパウダー→0.3cc
・精製水→30ml

用意するものは、これだけになります。

次に作り方です。

・市販の容器に、ビタミンCパウダーを入れて、精製水を投入します。

そして、よく振って混ぜ合わせます。

これでOKです。

あとは、通常の化粧水と同じ使い方をするだけです。
また、少し多めに作ってローションパックをするのもおすすめです。

ビタミンCパウダー化粧水の注意点とは?

ビタミンCパウダー化粧水の注意点としては、冒必ず水溶性ビタミンC誘導体パウダーを使用することです。

もう一つは、新鮮なビタミンCパウダーを使用することです。

ビタミンCパウダーの手作り化粧水は、作り置きはしないということです。

冷蔵庫で保管をしたとしても、3~4日しかもたないということを覚えておきましょう。

お肌の状態も毎日違うため、手作りができるということはとても有り難いことですよね。

しかし、以下の注意点を守るようにしましょうね。

・使用する前にパッチテストを行う
・お肌に合わないときは使用を中止すること

◎手作りだからこその安心感◎

市販で購入できる化粧水は、ビタミンC誘導体がどれくらい配合されているのかもわかりませんし、不安が多いかと思います。
しかし、手作りであれば、ビタミンCパウダーの調整もできますし、添加物などの心配もありません。

季節を問わず、紫外線は容赦なくお肌にダメージを与えてきます。

今からでも遅くはありませんので、ぜひ手作りビタミンCパウダー化粧水を試してみてくださいね。

ビタブリッドCフェイスならば、普段の化粧水と混ぜるだけで使うことができます。
私も、普段はビタブリッドCフェイスを使っていますよ。

詳細は下記の記事を読んでみてくださいね。

ビタブリッドCフェイスの口コミ
ビタブリッドCフェイスは使い方が大事。3本使用している私の口コミを伝授!

ビタブリッドCフェイスを使っています。 口コミで評判も良かったので使い始めました。 でも、使い始めのころは「本当に効果あるの?」という状態が続きました。 1本目を使い終わり、2本目に入っても疑問は残っ ...

◎まとめ◎
ビタミンCパウダーは、絶対に水溶性ビタミンC誘導体パウダーを使用することがポイントです。
水溶性ですので、水に溶けやすく使い勝手がいいのが特徴です。

基本的に9:1の割合で作ることがおすすめですが、お肌の調子に合わせてパウダーの量を調節してもOKです。

紫外線ダメージは季節関係なく、受け続けます。
ただし、お肌に合わない場合がありますので、パッチテストも欠かさずに行うようにしましょうね。

-ビタミンCについて

Copyright© 顔のくすみには、結局ビタミンCなの? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.