顔のくすみには、結局ビタミンCなの?

顔のくすみを取るには、結局は何がいいのでしょうか?ビタミンCがいいとは聞くけど本当?顔のくすみとビタミンCの関係に迫ります。

ビタミンCについて

ビタミンCで日焼けするって本当?実は濡れ衣でした!

更新日:

ビタミンCと日焼け

ビタミンCはお肌にいいと昔から評判ですが、一方で日焼けしやすくなってしまうという噂もあります。
この事実はどうなのでしょうか?

ここでは、ビタミンCで本当に日焼けしてしまうのか?という点について調べていきたいと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

日焼けケアに、ビタミンCが有効といわれる理由

ビタミンCで、日焼け対策ができるというのは有名ですよね。

ですが、日焼けしてしまうというのも聞いてしまうと、軽くパニックになりますよね。
ここで、まずは、日焼けケアにビタミンCがいいと言われている理由について知っておきましょう。

シミやそばかすを抑えるために必要とされる成分であり、出来てしまったシミやそばかすの色を薄くしたり、美肌に欠かせないコラーゲンのサポートをしてくれるということで、日焼けケアにビタミンCが効果が期待できるとされています。

多くの化粧品には、ビタミンが配合されていますよね。
ビタブリッドCフェイスなどの化粧品も、ビタミンを使用しています。

肌に取っても、ビタミンはとても良いものです。
ビタブリッドCフェイスの詳細に関しては下記の記事を読んでくださいね。

ビタブリッドCフェイスの口コミ
ビタブリッドCフェイスは使い方が大事。3本使用している私の口コミを伝授!

ビタブリッドCフェイスを使っています。 口コミで評判も良かったので使い始めました。 でも、使い始めのころは「本当に効果あるの?」という状態が続きました。 1本目を使い終わり、2本目に入っても疑問は残っ ...

ここまで調べてみておわかりいただけたかと思いますが、ビタミンCは日焼けに大いに活躍してくれるわけです。

では、なぜ「ビタミンCで日焼けする」なんていう噂が流れてしまったのでしょうか?

日焼けする理由はビタミンCではなくソラレンだった!

ビタミンCといえば、食べ物で何を思い浮かべますでか?

恐らく、オレンジやレモンといった柑橘系を思い浮かべるはずです。

そして、オレンジやレモンには、ビタミンCだけではなく、ソラレンといった成分が含まれています。
ソラレンには、紫外線吸収剤のような作用、いわゆる光毒性といった性質があります。

つまり、たくさん食べた後に直射日光に当たるとシミができやすくなってしまうのです。

では、どうしたらソラレンを阻止できるのでしょうか。

ソラレンの含まれたフルーツや野菜、結構朝のスムージーにして飲んでしまっている方も多いのではないでしょうか?
これが日焼けの原因になっているかもしれません。

まずは、オレンジやレモン、キュウリ、グレープフルーツ、セロリ、みつばなどといったソラレンを含むフルーツや野菜でスムージーを作るのはやめましょう。

代わりに、イチゴ、バナナ、リンゴ、トマト、にんじん、大根、レタスといったフルーツや野菜をスムージーにすれば、ソラレンを摂取することがありませんので、朝から飲んでも問題ありません。

朝に飲んでも大丈夫の食材を摂取するように心がけてくださいね。

ビタミンC摂取のタイミングはいつがいいの?

ビタミンCは、食後に摂取することで、一番効果を発揮してくれます。

例えば、ドリンクタイプのものや粉末タイプのもの、サプリメントなど、さまざまなビタミンCがありますよね。

ビタミンCを摂するときは、食後にしてみましょう。

そして、食べ物で摂取するのであれば、ソラレンが含まれていないフルーツや野菜を食べることにしてください。

ビタミンCで日焼けするというのは、噂でしかありませんでした。

ビタミンCで思いつくフルーツや野菜にたまたまソラレンといった光毒性のある成分が含まれており、それが日光に反応して日焼けするということです。

-ビタミンCについて

Copyright© 顔のくすみには、結局ビタミンCなの? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.