顔のくすみには、結局ビタミンCなの?

顔のくすみを取るには、結局は何がいいのでしょうか?ビタミンCがいいとは聞くけど本当?顔のくすみとビタミンCの関係に迫ります。

顔のくすみについて

妊娠中や産後に顔のくすみが気になるのはなぜ?対策方法を紹介します。

更新日:

産後の顔のくすみケア

産後に顔のくすみが気になる…といったことはありませんか?

「私は、妊娠中から気になっていた。」という人もいるでしょう。

産後や妊娠中に、顔のくすみが気になってくるのには深いワケがあります。

もちろん、改善策もあります。

妊娠中・産後の顔のくすみについて、ご紹介していきたいと思います。

妊娠中・産後に、できてしまう顔のくすみとは?

妊娠中や産後にできてしまう顔のくすみの原因は、何なのでしょうか?

ホルモンバランスの乱れと、大きなストレスが原因とされています。

妊娠中に増えていた女性ホルモンは、産後、一度に元に戻ってしまいます。

そのため、急激なホルモンバランスの乱れを生みます。

そうすると、肌のターンオーバーが崩れ、古い角質がどんどんたまり、顔のくすみへと繋がっていくのです。

これが妊娠中・産後の顔のくすみの大きな原因です。

また産後は、寝不足や精神的な負荷がかかる機会も多くなり、大変ストレスが溜まります。

ストレスというのは、表面的なものだけで済むわけではありません。

実は、ストレスは怖いもので、全身の血の巡りが悪くなってしまいます。

血行不良による顔のくすみが悪化してしまいます。

妊娠中も産後も、なかなか思うようにはいかないものです。

育児の疲れに加えて、お肌が不調なだけでもストレスになります。

そのため、顔のくすみには悪循環になりかねません。

産後であっても、顔のくすみ対策をしていかなくてはいけません。

妊娠中・産後の顔のくすみ対策とは?

まず一番最初に行うべきは、保湿ケアです。

お肌のバリア機能が低下してしまうと、やはり顔のくすみはできやすくなります。

そこで保湿ケアをしっかりと行ってあげることで、外的刺激からお肌を守るバリア機能をアップさせなくてはいけません。

次にできるのは、紫外線対策です。

紫外線対策を行うのは「普通外出する人だけなのでは?」と思うかもしれません。

ですが、紫外線は容赦なく家の中にもガラスを突き抜けて入ってきます。

そのため、たとえ少しの時間でも気を抜くことは許されません。

毎日ダブル洗顔は大変かもしれませんが、日焼け止めを塗りましょう。

最後にできるのが、食生活の見直しです。

身体の内側からも改善したいといった場合、食生活を見直すことで、顔のくすみは改善することができます。

しかも、見直すのは栄養バランスだけでOKです。

栄養バランスさえよければ、お肌の回復力がアップします。

特におすすめの食材は、良質なタンパク質とビタミンCです。

良質なタンパク質といえば、鶏肉などがありますが、卵などでも全然OKですよ。

仮に「産後は子育てが忙しくてそんな時間がない!」といった場合は、サプリメントを有効活用しましょう。

サプリメントは、現在豊富に取り扱われています。

サプリメントでタンパク質やビタミンCを補うことは十分にできます。

選ぶときは、品質に気をつけて信頼できるサプリを選ぶようにしてください。

-顔のくすみについて

Copyright© 顔のくすみには、結局ビタミンCなの? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.